青汁飲料VS酵素飲料

青汁VS酵素ドリンクを徹底比較してみました!!

健康食品として代表的な飲み物として青汁飲料を挙げる方も多いのですが、最近では酵素ドリンクを活用している方も増えています。

ファスティングダイエットなど酵素ドリンクを活用したダイエット手法がブームになっただけではなく、プチ断食を行うことで身体の中の毒素を吐き出すデトックス効果が見込めるのも人気の点ですね。

かたや青汁は何十年にも渡って、子供からお年寄りまで愛飲されているわけです。この新旧二つのサプリメント飲料のどちらがおすすめなのかを色々な角度から比較してみました。

味で比較-おいしいのはどっち

○WIN:青汁
青汁には素材そのものの青臭さや苦みのある商品もありますが、各社飲み続けてもらうために、飲みやすさの工夫をしています。ハチミツなどを加えた甘みのあるものから、抹茶風味のもの、フルーツジュースのような味わいのものまであります。

こちらのサイトでは100種類を超えるレシピが掲載されておりその中には青汁のケーキも掲載されていますね。

>> ずぼら青汁 - 青汁の辛口レビューと簡単に作れる青汁レシピ集ブログ

また、牛乳や豆乳で割って抹茶ミルクのようにしたり、ヨーグルトにかけたり、お湯で割ってお茶として飲んだりなど、工夫次第でおいしく飲むバリエーションも広がります。

×LOSE:酵素ドリンク
酵素ドリンクは、発酵食品なので独特の風味があります。“プルーンや黒糖のような味"と表現する方が多いですが、いずれにしても、とても美味しいというものではありません。フルーツ味や梅味などでおいしく飲める工夫をしている商品もありますが、やはり酵素ドリンクを続けられない理由として、“飲みにくいから"という声は多く聞かれます。

価格で比較-安いのはどっち

○WIN:青汁
青汁の値段は安いもので一杯20円台、高いものでも120円~150円と、手軽に飲むことができる値段です。

×LOSE:酵素ドリンク
酵素ドリンクは最も安いもので一杯80円ほど、200~300円台のものが多いですが、高いもので一杯600円以上する高価なものまであります。この値段の幅は、熟成期間や原材料によって違ってくるようです。

手軽さで比較-いつでもどこでも飲めるのはどっち

○WIN:青汁
青汁の多くは個包装になっており、粉末の青汁を水などに溶かして飲みます。手軽に持ち運びができるため、会社や学校・旅行先など、どこでも手軽に飲むことができます。

×LOSE:酵素ドリンク
酵素ドリンクのほとんどは瓶入りの液体です。ストレートで飲むものと希釈して飲むものがありますが、いずれにしても持ち歩きをすることはできないので、飲む場所は自宅に限られてしまいます。

成分で比較-身体に良いのはどっち

○WIN:酵素ドリンク
酵素ドリンクは、主に野草・野菜・果物・穀物・海藻などから作られています。原料が多岐に渡るため、栄養バランスもとても優れています。酵素ドリンクには、デトックス・脂肪燃焼・免疫力を高めるなどの効果があります。

×LOSE:青汁
青汁は主に緑の野菜から作られています。ですから普段の食事からは十分な量を摂ることができない食物繊維やビタミン類を手軽に摂取することができます。青汁には、便秘解消効果・デトックス効果・美肌効果などがあります。

カロリーを比較-低カロリーなのはどっち

○WIN:青汁
青汁の原料は野菜なので、とても低カロリーです。最も低いもので約3kcal、高いものでも30kcalほどです。ただし、牛乳など他の飲み物で割ったり、甘みを加えたりすることでその分のカロリーがプラスされますので注意が必要です。牛乳の場合、低脂肪のものを使用することで、カロリーが低く抑えられます。

×LOSE:酵素ドリンク
酵素ドリンクは野草・野菜などのほかに、果物や穀物などが原料として使われているため、青汁に比べカロリーが高くなっています。また、原料を発酵するために砂糖を使うことが多いのも、カロリーが高い原因の一つになっています。最も低いもので20kcal前後、高いものでは160kcal以上あるものもあります。

ダイエット目線で比較-効果的なのはどっち

○WIN:酵素ドリンク
酵素には、代謝や免疫力を上げる・食べ物の消化を助ける・腸内環境を整える・身体に溜まった老廃物を排出するなどの効果があります。そしてこれらの効果は全て、ダイエットをするためにもとても重要なことです。

×LOSE:青汁
青汁には、便秘を解消する・身体に溜まった脂肪や老廃物を排出する・むくみを改善するなどの効果がありますが、主に青汁に含まれる豊富な食物繊維による便秘解消が、ダイエット効果につながると言われています。

まとめ:どちらがおすすめか

以上、ダイエットや健康維持に効果的な青汁と酵素ドリンクについて色々と比較してみました。

酵素ドリンクは、青汁とは比べ物にならないほど多くの原料を使っており、そのため多くの栄養素を摂取することができます。

また、酵素は私たちの身体をうまく機能させるために必要なものであり、加齢などにより体内で足りなくなった分を手軽に補えるという点で、酵素ドリンクはとても有効です。

しかし、酵素ドリンクは独特の発酵臭や甘ったるい口当たりで飲みにくいという声が多く聞かれます。また、価格が高いものが多く、逆に安いものは原料以外の添加物が入っていたり、シロップなどで薄めていたりするものもあり、質がよくお手頃な値段なものがなかなかありません。継続してこそ効果が出るものなので、おいしさや価格はとても重要なポイントになると思います。

その点で青汁は、酵素ドリンクに比べ、安価でおいしく飲めるものが多いため、無理なく続けることができます。

また、緑の野菜を豊富に使用しているため、普段の食生活で不足しがちなビタミン・食物繊維などの栄養素をしっかりと補うことができます。そして食物繊維の便秘解消効果が、ダイエットにもつながります。

以上の点から、総合的にみて、青汁に軍配があがりました。

新着エントリー